新幹線の”熱い”快適術!暑さ対策の極意を一挙公開

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

新幹線といえば、日本を代表する高速交通システムです。しかし、夏場の車内は暑さで悩まされがちです。この記事では、新幹線の暑さ対策について、様々な観点から掘り下げていきます。新幹線を快適に利用するためのヒントが満載ですので、ぜひご一読ください。

車内温度設定

新幹線の車内温度設定は、路線や車両の古さ、混雑状況などによって変わってきます。一般的には、夏場は25度前後、冬場は22度前後に設定されていますが、外気温の影響で変動することがあります。

設定温度と体感温度のギャップ

設定温度と体感温度には個人差があり、同じ車内でも「暑い」と感じる人と「寒い」と感じる人がいます。これは、体格や服装の違いによるものです。空調性能が向上しても、利用者の主観的な温度感には差が生じがちです。

新幹線会社では、利用者の声に耳を傾けながら、できる限り快適な環境を提供するよう努力しています。しかし、完璧な温度管理は難しい状況にあります。

混雑時の温度変化

混雑時には、乗車率の上昇に伴い、設定温度よりも2度程度低くなることがあります。例えば、地下鉄では20度台後半の設定が、約22度まで下がることもあるそうです。

密接度合いが高まれば、体感温度はさらに変わってきます。湿度も体感温度に影響するため、一概に設定温度だけでは快適とは言えません。

新しい車両と古い車両の違い

最近の新幹線では、冷房の吹出口がライン状に配置され、中央部に横流ファンが組み込まれています。これにより、車内の温度が均一に保たれるよう設計されています。

一方、古い車両ほど、この機能が備わっていない可能性があります。そのため、座席位置によって温度ムラが生じやすくなっています。窓側の座席は電磁波の影響で体が火照りやすいとの指摘もあります。

暑さ対策

新幹線の車内は暑さで悩まされることがあります。しかし、適切な対策を立てれば、快適に過ごすことができます。ここでは、様々な暑さ対策をご紹介します。

服装の工夫

脱ぎ着しやすい上着を用意するのがおすすめです。カーディガンやジップアップパーカーなどが便利でしょう。音の出る素材は避けた方が良いでしょう。

また、足元の冷え防止にも気をつけましょう。膝掛けや携帯用スリッパなどを活用すると、より快適に過ごせます。

子ども連れの工夫

子どもは大人よりも体温が高いため、大人以上に暑く感じることがあります。半袖Tシャツなどを下に着せておき、暑さでぐずった際には手早く脱がせるのが良いアイデアです。

子ども用の飲み物や軽食、おもちゃなども用意しておくと安心です。アナログな遊びは、Wi-Fiがつながらない場合でも役立ちます。

車内活動での工夫

デッキに出て体を伸ばしたり、景色を眺めながらおしゃべりを楽しむのもおすすめです。体を動かすことで、暑さを軽減できます。

電磁波の影響を避けるため、グリーン車の中央付近や通路側の座席を選ぶのも一つの対策です。高濃度ビタミンCなどを飲むのもよいでしょう。

まとめ

新幹線の車内は、路線や車両、混雑状況によって温度設定が変わり、さらに体感温度には個人差があります。暑さ対策として、服装の工夫や子ども連れの際の配慮、車内活動の見直しなどが効果的です。新幹線会社と利用者の協力により、よりいっそう快適な環境が実現できるはずです。今後の改善に期待したいものです。

よくある質問

新幹線の車内温度はどのように設定されているのですか?

新幹線の車内温度設定は、路線や車両の古さ、混雑状況などによって変わっています。一般的には、夏場は25度前後、冬場は22度前後に設定されていますが、外気温の影響で変動することがあります。

設定温度と実際の体感温度に違いがある理由は何ですか?

設定温度と体感温度には個人差があり、同じ車内でも「暑い」と感じる人と「寒い」と感じる人がいます。これは、体格や服装の違いによるものです。完璧な温度管理は難しい状況にあります。

新しい車両と古い車両では温度の差がありますか?

最近の新幹線では、冷房の吹出口がラインに配置され、中央部に横流ファンが組み込まれているため、車内の温度が均一に保たれるよう設計されています。一方、古い車両ほどこの機能が備わっていない可能性があり、座席位置によって温度ムラが生じやすくなっています。

新幹線の車内で快適に過ごすための工夫はありますか?

脱ぎ着しやすい上着の準備や、足元の冷え防止、子ども連れの際の工夫、体を動かすなど、様々な対策が効果的です。新幹線会社と利用者の協力により、よりいっそう快適な環境が実現できるはずです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次