一人旅に新幹線の座席選びはこれがおすすめ!快適移動の秘訣を公開

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

新幹線で一人旅をする際、適切な座席選びは快適な移動を左右する重要な要素です。窓側か通路側か、指定席か自由席か、さまざまな要素を考慮して最適な選択を行う必要があります。この記事では、一人旅におすすめの新幹線の座席について、詳細に解説していきます。

窓側vs通路側

新幹線の座席を選ぶ際、まず検討すべきは窓側か通路側かという点です。それぞれメリットとデメリットがあり、自分のニーズに合わせて選ぶ必要があります。

窓側の魅力

窓側の座席は、美しい日本の風景を眺められるのが最大の魅力です。富士山や日本海、田園風景など、車窓からの眺めを楽しみながら旅ができます。また、窓側の座席にはコンセントが装備されていることが多く、パソコンやタブレットの作業がしやすいというメリットもあります。

加えて、窓側の座席は隣に人が座る確率が低いことから、プライバシーが確保されやすいのも大きな利点です。一人で落ち着いて過ごしたい場合は、窓側がおすすめです。

通路側のメリット

一方、通路側の座席のメリットは、トイレや車内販売などへのアクセスが容易な点にあります。長時間の移動では、トイレに頻繁に行く必要があり、通路側の座席なら気兼ねなく立ち歩けます。車内販売の声も聞き逃しにくいでしょう。

また、通路側の座席は乗り降りがスムーズにできるというメリットもあります。緊急時やホームでの待ち時間に便利です。

シートマップでチェックを

窓側と通路側、それぞれのメリットを考慮して、自分に合った座席を選びましょう。事前に座席予約サイトでシートマップをチェックし、空席状況なども確認することをおすすめします。

窓側通路側
  • 風景が楽しめる
  • 作業がしやすい
  • プライバシーが確保されやすい
  • トイレや喫煙室へのアクセスが容易
  • 車内販売の声がよく聞こえる
  • 乗り降りがスムーズ

指定席vs自由席

新幹線に一人で乗る際、指定席と自由席のどちらを選ぶべきかも重要なポイントです。指定席なら事前に座席を確保できますが、自由席なら柔軟に座れます。

指定席のメリット

指定席を予約すれば、確実に好みの座席に座れるのが最大のメリットです。人気の窓側や通路側の席を、事前に確保できるのは大きな強みです。また、指定席の方が料金が安いケースも多く、コストパフォーマンスに優れています。

特に、グリーン車の指定席は、プライバシーが確保されているため、一人で快適に過ごせます。グランクラスなら上質な座り心地を味わえるでしょう。

自由席の利点

一方、自由席の強みは、乗車当日の混雑状況に合わせて柔軟に座席を選べる点にあります。予約時に指定した席に縛られずに、空いている良い席に座ることができます。

また、自由席なら短距離の移動にも便利です。事前の予約が不要なため、スムーズに新幹線に乗車できます。

予約サイトを活用しよう

自由席を選ぶ場合でも、インターネット予約サイトを活用して、乗車直前の空席状況を確認するのがおすすめです。良い席が空いていれば、スムーズに移動できます。

指定席自由席
  • 好みの席が確保できる
  • 料金が比較的安い
  • グリーン車なら快適
  • 混雑状況に合わせて柔軟に選べる
  • 短距離移動に便利
  • 予約が不要

座席の種類とおすすめ

新幹線には、さまざまな種類の座席が用意されています。一人旅におすすめの座席を紹介します。

A席・E席

A席とE席は、窓側の人気の座席です。特にE席は、コンセントが使えるので作業がしやすく、ビジネスパーソンに人気があります。また、隣に人が座る確率も低いため、プライバシーが確保されやすいのも魅力です。

休日の長距離移動に加えて、出張の際の作業にもE席がおすすめです。

B席・D席

B席とD席は、通路側の人気の座席です。B席は両隣り席が空く可能性が高く、落ち着いて過ごせます。D席は、トイレや喫煙室へのアクセスが良好で、緊急時の対応もしやすいでしょう。

トイレを頻繁に利用する方や、喫煙者の方はD席がおすすめです。

特大荷物スペース付き席

ベビーカーや大型の荷物を持ち込む際は、特大荷物スペース付きの座席が便利です。この座席には、荷物を置くスペースが用意されているため、ゆったりと過ごせます。

最前部や最後部の座席を選ぶと、ベビーカーの収納もしやすくなります。さらに、多目的室が近くにあると、おむつ交換など赤ちゃん連れの移動にも適しています。

快適性を追求する最新の座席

新幹線の座席は進化を続けており、常に快適性が追求されています。最新の座席を紹介します。

N700S車両のビジネスブース

JR東海が2023年度中に投入予定の新型車両N700Sには、個室のビジネスブースが導入されます。このブースにはUSBポートやコンセント、テーブルが完備されており、オンライン会議などビジネスシーンにも対応できます。プライバシーも確保されるため、効率的な作業ができるでしょう。

ビジネスブースの利用には別途料金が必要となりますが、高い快適性が期待できます。

7号車の新たな座席

JR東海は既存の7号車で、3人掛け席の真ん中の席にパーテーションを設置し、「1.5席分」のスペースを確保できる新しい座席を導入しました。パソコン作業がしやすいよう、テーブルの角度が調整できるなど、細かい配慮がなされています。

この新しい7号車の座席は、ビジネスパーソンや一人旅のお客さまから高い人気が期待できそうです。

E7系・W7系の快適シート

北陸新幹線で運行されているE7系・W7系の車両は、全席にコンセントが装備されているほか、普通車のシートでも高い快適性が評価されています。特にグリーン車のシート形状はくつろぎの空間を提供し、背もたれの角度調整が可能です。

長距離の移動に最適なこの車両は、一人旅のお客さまにもおすすめできます。

まとめ

新幹線に一人で乗る際、適切な座席を選ぶことで快適な移動が実現します。窓側か通路側か、指定席か自由席か、さまざまな要素を考慮する必要があります。また、ニーズに合わせて様々な種類の座席から選ぶことができ、最新の座席では高い快適性が提供されています。

一人旅の醍醐味は、自由に過ごせることです。新幹線の座席選びを工夫して、自分らしい一人旅を満喫しましょう。

よくある質問

窓側と通路側のメリットは何ですか?

窓側の最大の魅力は、美しい日本の風景を眺められることです。また、窓側にはコンセントが装備されていることが多く、プライバシーも確保されやすいのが特徴です。一方で、通路側のメリットはトイレや車内販売への移動が容易で、乗り降りもスムーズにできることです。

指定席と自由席のどちらが良いですか?

指定席の最大のメリットは、好みの座席を事前に確保できることです。料金も比較的安く、グリーン車の指定席なら快適な空間を得られます。一方で、自由席は乗車当日の混雑状況に合わせて柔軟に座席を選べるのが強みです。短距離移動にも便利で、予約も不要です。

どのような新幹線の座席がおすすめですか?

一人旅におすすめの座席には、窓側のA席やE席、通路側のB席やD席があります。A席やE席はコンセントが使えて作業がしやすく、プライバシーも確保されやすいです。B席やD席はトイレやアクセスが良好で、緊急時にも便利です。特大荷物スペース付きの座席も赤ちゃん連れに適しています。

最新の新幹線座席にはどのような特徴がありますか?

最新のN700S車両には個室のビジネスブースが導入され、ビジネスシーンに対応できます。また、7号車の新しい座席は1.5席分のスペースを確保し、パソコン作業に配慮しています。E7系・W7系車両のグリーン車シートは高い快適性が評価されており、長距離移動に最適です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次