新幹線の疲れ対策!快適な移動を実現する7つのポイント

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

新幹線は高速で移動できるメリットがある反面、長時間の移動は疲労を招きがちです。しかし、適切な対策を講じることで、疲れを軽減し、快適な移動を実現できます。本記事では、新幹線で疲れにくくなるための6つのポイントをご紹介します。

1. 座り方に気をつける

新幹線での疲れは、不適切な座り方が大きな原因となります。正しい座り方を心がけることが何より重要です。

1.1 腰を深く沈めすぎない

座席に腰を深く沈めすぎると、腰への負担が大きくなります。浅く腰掛けるのが理想的です。また、リクライニングは控えめにするのがポイントです。

背筋を伸ばし、膝が直角になる程度の座り方が望ましいでしょう。こうすることで、骨盤が適切に支えられ、腰への負荷が軽減されます。

1.2 足を組まない

足を組むと、血行不良や筋肉の緊張を招きます。新幹線の移動中は、足を前後に伸ばして置くよう心がけましょう。

足を組まずに座ることで、下半身の血流が改善され、疲労が和らぎます。また、時々足を動かすことで、筋肉の疲れも軽減できます。

1.3 定期的にストレッチをする

長時間同じ姿勢を保つと、筋肉が緊張し、疲労が蓄積されます。そのため、1時間に1回程度、軽いストレッチをするのがおすすめです。

首を回したり、足首を動かしたりするだけでも、筋肉をリフレッシュできます。ストレッチの際は、周りの人の迷惑にならないよう気をつけましょう。

2. 環境を整える

新幹線の車内環境は、疲労に影響を与える重要な要因です。自分に合った環境を作ることで、疲れを軽減できます。

2.1 座席位置を工夫する

窓側の席は視界が開けているため、疲れにくいと言われています。一方、通路側の席は、すれ違う人の動きが気になりにくく、落ち着いて過ごせます。

また、車両の中央部は振動が少ないため、疲れにくいとの指摘もあります。自分に合った座席を選ぶことが重要です。

2.2 音と匂いを遮断する

新幹線の走行音や人の話し声、匂いなどは、疲労を助長する要因となります。耳栓やノイズキャンセリングイヤホン、マスクを使って、これらの刺激を遮断しましょう。

周囲の音や匂いを気にせずに過ごせれば、リラックスして疲れにくくなります。自分専用のスペースを確保することが大切です。

2.3 車内の明るさに気をつける

新幹線の車内は、トンネルの出入りで明るさが変化します。この明暗差は目の疲れにつながるため、注意が必要です。

ブルーライトカットメガネの使用や、アイマスクでの休憩なども効果的です。車窓の景色を楽しむ際は、目を酷使しすぎないよう気をつけましょう。

3. 活動的に過ごす

長時間の静止は疲労を招きます。移動中に適度な活動を取り入れることで、疲れを軽減できます。

3.1 トイレに立って歩く

1時間に1回程度、トイレに立って歩くようにしましょう。歩くことで、血行が促進され、筋肉の疲れもとれます。

また、腎臓への血流量が増えることで、疲労物質の排出も期待できます。立ち歩きは、疲れ対策として非常に効果的です。

3.2 体操や運動をする

座ったままでも、簡単な体操や運動ができます。腕や足の運動、深呼吸など、自由に取り入れてみましょう。

運動することで、血流が改善され、老廃物の排出も促進されます。疲労回復にもつながるでしょう。

3.3 「貧乏ゆすり」をする

「貧乏ゆすり」は、疲れた体をゆすって疲労回復を図る方法です。隣の人に気をつけながら、こっそりと行うのがポイントです。

デスクワークの疲れを和らげる効果があるそうなので、新幹線の長時間移動にも役立つかもしれません。

4. 睡眠と水分を適切に取る

睡眠不足や脱水は、疲労を助長する大きな要因です。新幹線の移動前後に、こまめな対策が必要です。

4.1 適度な仮眠をとる

午後2時から4時にかけて睡眠圧が高まるため、この時間帯に20分程度の仮眠をとると良いでしょう。

ただし、長時間の仮眠は夜の睡眠に影響するので避けましょう。仮眠の際は、ネックピローなどを使って首への負担を軽減しましょう。

4.2 こまめに水分を補給する

新幹線の車内は空調が効いているため、無意識のうちに脱水になりがちです。こまめに水分を取ることが大切です。

1時間に1回程度、トイレに立って水分を補給するのがおすすめです。疲労回復にもつながります。

4.3 睡眠と食事を調整する

新幹線の乗車前には、適度な睡眠をとり、体調を整えることが重要です。また、乗車中の食事も適量を心がけましょう。

睡眠不足や過剰な食事は、体に負担がかかり、疲労を助長します。移動前後の生活リズムを整えることで、疲れにくくなります。

5. 便利なグッズを活用する

新幹線での疲れを軽減するためのグッズは数多くあります。自分に合ったものを上手に活用しましょう。

5.1 ネックピロー

首への負担を軽減するため、ネックピローの活用がおすすめです。U字型や旅行用の携帯ピローなど、様々な種類があります。

首を適切に支えることで、疲労が和らぎます。また、仮眠時に役立つでしょう。

5.2 腰痛対策グッズ

長時間座っていると腰に負担がかかります。腰痛対策として、腰枕や座布団、クッションなどを活用しましょう。

腰への負荷を軽減することで、疲労が蓄積しにくくなります。移動前に用意しておくと安心です。

5.3 スマートウォッチなど

スマートウォッチやアプリを使えば、一定時間が経過したことを知らせてくれます。立ち上がる合図として活用できます。

デバイスの設定次第で、立ち上がり運動の通知や、休憩のリマインダーなどにも使えます。便利な機能を活用しましょう。

6. 移動前後の対策

移動前後の対策も、疲れを軽減する上で重要なポイントです。下記の対策を試してみましょう。

6.1 マッサージを受ける

新幹線の長時間移動で疲れた体をリフレッシュするには、マッサージを受けるのが一番の方法です。

全身マッサージを受けることで、筋肉の疲れがとれ、リラックスした状態で過ごせます。時間に余裕があれば、ぜひ試してみましょう。

6.2 温泉に入る

温泉に入ることで、筋肉の疲れがとれるだけでなく、心身ともにリフレッシュできます。新幹線の移動後は、近くの温泉施設に立ち寄るのがおすすめです。

温泉に入る時間がない場合は、入浴剤を使うのも良いでしょう。お風呂で十分にくつろぐことで、疲れが吹き飛びます。

6.3 車両を選ぶ

新幹線の車両によっても、疲れ具合が変わってきます。最新の車両は静粛性に優れているため、疲れにくいと言われています。

また、グリーン車に乗れば、ゆったりとした座席で過ごせます。予算に余裕があれば、快適な車両を選ぶのも良い方法です。

まとめ

新幹線の長時間移動は、疲労を感じやすい環境です。しかし、座り方や活動量、環境整備、グッズの活用、移動前後の対策など、様々な工夫により、疲れを軽減できることがわかりました。

ぜひこれらのポイントを意識して、快適な新幹線の旅を楽しんでください。疲れずに目的地に到着できれば、その先のプランも有意義なものになるはずです。

よくある質問

新幹線で疲れにくくするための座り方は?

新幹線での疲労を軽減するには、腰を浅く沈めること、足を組まずに伸ばすこと、定期的にストレッチすることが大切です。これにより、適切な姿勢を保ち、筋肉の疲労を和らげることができます。

新幹線の車内環境をどのように整えるべきですか?

新幹線の車内環境は疲労に大きな影響を与えます。座席の位置を工夫し、音や匂い、明るさなどの刺激を遮断することで、リラックスした状態を保つことが重要です。自分に合った快適な空間を作りましょう。

新幹線の移動中に体を活発に動かすにはどうすればいいですか?

新幹線の移動中は長時間座っているため、体を動かすことが大切です。トイレに立って歩く、簡単な体操や運動を行う、「貧乏ゆすり」をするなど、適度な活動を取り入れることで、血行が促進され、疲労の軽減につながります。

新幹線の移動前後にはどのような対策をすべきですか?

新幹線の移動前後の生活リズムを整えることも重要です。移動前には適度な睡眠をとり、移動中は水分補給を心がけましょう。移動後はマッサージや温泉に入るなど、体をリフレッシュするのがおすすめです。これらの対策により、疲れにくくなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次