寒すぎず暑すぎず!新幹線の温度設定と極寒の冬を快適に過ごす秘訣

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

寒い季節が近づくと、新幹線の車内温度が気になるところです。温度設定は鉄道会社によって異なり、乗客の体感も個人差があります。しかし、多くの乗客が快適に過ごせるよう、鉄道会社は様々な工夫をしています。今回は、新幹線の冬の温度設定と対策について、詳しく解説していきます。

新幹線の冬の温度設定

まずは、新幹線の冬の温度設定についてご説明します。

鉄道会社による設定温度の違い

新幹線の冬の設定温度は、鉄道会社によって19度から23度と幅があります。JR東日本の設定温度は22度前後、JR西日本は23度前後となっています。一方、私鉄では20度前後が一般的です。このように、同じ新幹線でも会社によって設定温度が異なるのが現状です。

設定温度の違いは、路線の特性や車両の種類、乗客の体感温度などを考慮した上で決められています。例えば、寒冷地の路線では設定温度を高めにしたり、新型車両では外気温や混雑度を自動検知して温度を調整する機能を搭載したりしています。

自動調整と乗務員による手動調整

新幹線の車内温度は、自動調整システムと乗務員による手動調整の両方で管理されています。新型車両の多くは、外気温や混雑度を自動検知して温度を調整する機能を備えています。一方、古い車両では乗務員が手動で温度調整を行っています。

自動調整システムは便利ですが、個人差への対応が難しいのが課題です。そのため、乗客から寒いや暑いといった意見が出た場合は、乗務員が手動で調整を行うことがあります。

混雑状況による温度変化

新幹線の車内温度は、混雑状況によっても変化します。混雑時は人体から発する熱によって車内が暑くなる傾向にあります。そのため、鉄道会社では混雑度に合わせて温度調整を行っているそうです。

混雑時の暑さ対策として、鉄道会社では空いた車両や時間帯を選んで乗車することをおすすめしています。また、一部の新型車両では、混雑度を自動検知して空調を調整する機能が搭載されています。

乗客の体感温度への対策

新幹線の温度設定は、多くの乗客が快適に過ごせるよう工夫されていますが、個人差もあり、すべての乗客に合う温度設定は難しいのが実情です。そこで、乗客自身が体感温度に合わせた対策を取ることが重要になります。

服装への配慮

新幹線に乗車する際は、体感温度に合わせた服装が大切です。車内が暑く感じる場合は、上着を脱いだり、半袖の服装にするなどして調整することをおすすめします。逆に寒く感じる場合は、カーディガンやジップアップパーカーなど、脱ぎ着しやすい上着を用意するといいでしょう。

また、足元の冷え対策として、膝掛けを持参するのも有効な方法です。新幹線の床下から暖気が流れる構造上、足元が冷えやすい傾向にあるためです。

座席位置の選択

座席位置によっても、体感温度が変わってくることがあります。一般に、窓側の席はエアコンの吹出口に近いため、通路側に比べて温度変化を感じやすい傾向にあります。そのため、温度に敏感な方は通路側を選ぶと良いでしょう。

また、日向と日陰の違いも体感温度に影響します。日が入る南側のA席は暑く感じる可能性があるため、寒がりの方はE席側を選ぶと快適に過ごせるかもしれません。

冷却用グッズの活用

車内が暑く感じる場合は、冷却用グッズを活用するのも一つの対策です。冷却スプレーや冷却シートなどを使えば、一時的に体感温度を下げることができます。ただし、これらのグッズは混雑時には使いづらい面もあります。

また、持ち運びに便利な扇風機やうちわを使うのも効果的です。車内は密閉空間なので、周りの人の迷惑にならない範囲で上手に活用しましょう。

まとめ

新幹線の冬の温度設定は、鉄道会社や路線、車両の種類によって異なります。鉄道会社では、自動調整システムや手動調整、混雑度への対応など、様々な工夫をして乗客の快適性を高めようとしています。

しかし、すべての乗客に合う温度設定は難しいため、乗客自身が体感温度に合わせた対策を取ることが重要です。服装の調整、座席位置の選択、冷却用グッズの活用など、様々な方法があります。寒すぎても暑すぎても体に負担がかかるため、乗客一人ひとりが工夫して、快適な新幹線の旅を楽しみましょう。

よくある質問

新幹線の冬の設定温度はどのようになっていますか?

新幹線の冬の設定温度は、鉄道会社によって19度から23度の幅があります。JR東日本の設定温度は22度前後、JR西日本は23度前後となっており、私鉄では20度前後が一般的です。設定温度の違いは、路線の特性や車両の種類、乗客の体感温度などを考慮して決められています。

新幹線の車内温度はどのように管理されているのですか?

新幹線の車内温度は、自動調整システムと乗務員による手動調整の両方で管理されています。新型車両の多くは外気温や混雑度を自動検知して温度を調整する機能を備えていますが、古い車両では乗務員が手動で調整を行っています。

新幹線の車内温度はどのように変化しますか?

新幹線の車内温度は、混雑状況によっても変化します。混雑時は人体から発する熱によって車内が暑くなる傾向にあるため、鉄道会社では混雑度に合わせて温度調整を行っています。

乗客はどのように体感温度に対応すればよいですか?

新幹線に乗車する際は、体感温度に合わせた服装が大切です。車内が暑く感じる場合は上着を脱ぐなど、寒く感じる場合はカーディガンやジップアップパーカーを着用するなど、調整することをおすすめします。また、座席位置の選択や冷却用グッズの活用など、様々な対策が考えられます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次