【初心者必見】海釣りを始めるための完全ガイド!釣り場の選び方から必要な道具、コツまで徹底解説

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

釣りは自然の中で過ごせる素晴らしい趣味ですが、初心者にとってはどのように始めればよいか分からないことも多いでしょう。この記事では、海釣りに焦点を当て、釣りを始めるための基礎知識やポイントをご紹介します。魚種や釣り場の選び方、必要な道具の準備、釣り方のコツなど、わかりやすく解説していきます。初めての釣りが思い出に残る素敵な体験になることを願っています。

釣り場の選び方

釣りを始める際の第一歩は、どこで釣りをするかを決めることです。釣り場によって釣れる魚種が異なり、設備や利便性も変わってきます。

海釣り公園

初心者におすすめなのが海釣り公園です。海釣り公園は、駐車場や釣り場所、トイレなどが整備された施設で、初めての釣りにも最適です。管理人がいるので、道具の相談や釣り方のアドバイスを受けられます。家族連れでも安心して利用できるのがメリットです。

海釣り公園では、主にアジ、サバ、イワシなどの小魚を狙うことができます。初心者には手頃な対象魚ですし、サビキ釣りなどの簡単な釣り方で楽しめます。

砂浜や堤防

砂浜や堤防での釣りも、手軽に始められる良い選択肢です。釣り場所を選ばず、のんびりと釣りを楽しめるのが魅力です。ただし、事前に情報を集めることが大切で、潮の満ち引きや釣れる魚種、釣り場の状況などを確認する必要があります。

砂浜ではキスやカレイ、堤防ではカサゴやベラなどが狙えます。ちょい投げ釣りや投げ釣りで挑戦してみましょう。釣り場の人に声をかけると、コツなども教えてもらえるかもしれません。

釣り具店のスタッフに相談

釣り場を決める際は、釣具店のスタッフに相談するのがおすすめです。地元の釣り場に詳しく、釣れる魚や使えば良い仕掛けなど、貴重な情報を教えてくれます。初心者にとっては大変ありがたい存在です。

釣具店では、道具の選び方や使い方のアドバイスも受けられます。どの釣り竿やリールを選べば良いか迷ったら、遠慮なく質問しましょう。お店の人は丁寧に教えてくれるはずです。

必要な道具の準備

釣りを始める上で欠かせないのが道具一式の用意です。魚種や釣り方に合わせて、適切な道具を揃える必要があります。

釣り竿とリール

釣り竿とリールは、最も重要な道具です。釣り竿は狙う魚によって長さや強度が異なり、硬式竿や振り出し竿、船竿など種類も豊富です。初心者向けの簡単な道具から始めるのが賢明でしょう。

リールは糸を巻き取る装置で、スピニングリールやベイトキャスティングリール、電動リールなどさまざまなタイプがあります。釣り竿と同様に、初心者には手軽に扱えるものをチョイスすると良いでしょう。

仕掛けとライン

魚を釣り上げるための糸と針の部分を「仕掛け」と呼びます。サビキ仕掛け、ちょい投げ仕掛け、穴釣り仕掛けなど、釣り方に合わせて使い分けます。釣具店では初心者向けのセット商品も販売されているので、参考にしてみてください。

ラインは仕掛けに通す釣り糸のことで、太さや強度によって魚種を選びます。ナイロンラインやフロロカーボンラインなど、さまざまな素材のものがあります。釣具店のスタッフに質問すれば、最適なラインを選べるはずです。

その他の便利アイテム

釣りを快適に楽しむには、竿やリール以外の小物も重要です。バケツやクーラーボックス、タモ、ハサミ、日よけ、長靴などがあると便利でしょう。

ウェアもおすすめで、釣りに適した速乾性のある服装を心がけましょう。また、ライフジャケットの準備も忘れずに。安全対策は釣りを楽しむ上で欠かせません。

アイテム用途
バケツ釣った魚を一時的に収容
クーラーボックス釣った魚を新鮮に保つ
タモ釣り上げた魚を受け止める
ハサミラインを切断したり仕掛けを外したりするため

釣り方のコツ

釣りの醍醐味は、実際に魚を釣り上げることにあります。釣り方のコツさえ分かれば、大物に遭遇する楽しみもあり、釣りにどっぷりと夢中になれるはずです。

サビキ釣り

サビキ釣りは、初心者に最適な釣り方の一つです。装飾の施された複数の小針があるサビキ仕掛けを使い、ボールにエサを詰めて垂らすだけの簡単な作業です。アジやサバ、イワシなどの小魚が狙えます。

サビキ釣りのコツは、釣り場の潮の流れをしっかりと確認することです。上げ潮と下げ潮で魚の反応は変わってくるので、状況に合わせてサビキの位置を変える必要があります。また、砂地よりも岩場の方が、魚が集まりやすいと言われています。

ちょい投げ釣り

ちょい投げ釣りは、投げ釣りの一種で、キスやカサゴ、ベラなどの根魚を狙う釣り方です。力強く投げる必要がないので、子供や女性でも楽しめます。釣り竿の長さはおよそ3メートル前後のものを使います。

ちょい投げ釣りのポイントは、潮の流れにラインを乗せることです。流れに反してラインを出すと、仕掛けがグチャグチャになってしまうからです。また、エサはオキアミやケンサキイカなど、釣れる魚に合わせて選ぶことも大切です。

穴釣り

穴釣りは、消波ブロックやテトラポットの隙間に潜む魚を狙う釣り方です。狭い場所から大物が出てくることも少なくありません。柄の短い硬式竿を使い、ブラクリ仕掛けでエサを落とすのがコツです。

穴釣りでは立ち回りが重要で、ポイントを移動しながら接岸した魚を探します。釣り場に詳しい人に教えを乞うと良いでしょう。また、穴釣りでは魚が隠れ場所を守ろうとするので、手早く確実に引き上げることが必要です。

マナーと安全対策

釣りは自然の中で行われるスポーツですので、マナーと安全対策を守ることが重要です。釣り場の環境や他の釣り人への配慮は欠かせません。

釣り場での心構え

釣り場では、場所取りをしたり大声を出したりするなどのマナー違反は避けましょう。周りの人の迷惑にならないよう、控えめな行動をするのがルールです。また、ゴミのポイ捨ては絶対にNGで、釣り糸なども後片付けしましょう。

水辺は危険が伴います。釣り場の状況に合わせて、転落防止に気をつける必要があります。特に子供を連れての釣りでは、常に目を離さないことが大切です。万が一の事故に備え、救命胴衣の着用をおすすめします。

毒のある魚への注意

海釣りでは、時として毒を持つフグやアンコウなどの危険な魚が釣れることがあります。素人判断ではなく、必ず専門家に識別を依頼しましょう。毒のある魚を誤って口にしてしまうと重篤な中毒症状が出る可能性があるので、十分に気をつける必要があります。

また、アイゴやトラフグ、キツネアマモなど、形態が毒魚に似ている無毒の魚も存在します。見分けがつかない場合は、釣れた魚を捨てる方が無難です。油断は禁物で、釣り場では常に用心深い姿勢が求められます。

まとめ

海釣りを始めるには、まず釣り場と狙う魚種を決めることから始まります。そして、釣り方に合わせて道具を揃え、コツをしっかりと把握することが重要です。最初は分からないことだらけかもしれませんが、マナーと安全対策を守りながら経験を重ねていけば、必ず上手になれるはずです。

魚を釣り上げる醍醐味は、自然の中で過ごす時間そのものにも存在します。家族や友人と一緒に訪れ、のんびりと潮風を感じながら釣りを楽しむ。そんな充実した時間が、海釣りの真の魅力なのかもしれません。初心者の皆さんも、ぜひ一度海釣りを体験してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

はじめての海釣りで気をつけるべきことは?

p.釣りを行う際は、マナーと安全対策を忘れずに。場所取りや大声などの迷惑行為は避け、ゴミの片付けも大切。また、転落事故などに備えて救命胴衣の着用やよく見える服装を心がける必要があります。さらに、フグなどの毒のある魚に注意し、判断が難しい場合は捨てるのが無難です。

初心者におすすめの釣り方は?

p.初心者に最適な釣り方の一つとしてサビキ釣りがあげられます。エサを垂らすだけの簡単な作業で、アジやサバ、イワシなどの小魚が狙えます。また、ちょい投げ釣りは力強い投げ方が不要で、キスやカサゴ、ベラなどの根魚を狙えます。さらに穴釣りは、消波ブロックやテトラポットの隙間に隠れる大物を狙えるのが特徴です。

初めての釣りで必要な道具は何?

p.釣り竿とリールは最も重要な道具です。初心者向けの簡単な製品から始めましょう。その他にも、魚を一時的に収容するバケツ、新鮮に保つクーラーボックス、釣り上げた魚を受け止めるタモ、ラインを切断するハサミなども用意すると便利です。さらに、ライフジャケットの着用や日よけなど、安全面と快適性も忘れずに。

釣り場の選び方は?

p.海釣り公園は初心者にお勧めです。管理人がいるため、道具選びやアドバイスが得られます。家族連れでも安心して利用できます。一方、砂浜や堤防での釣りも手軽に始められます。ただし、事前に潮の満ち引きや釣れる魚種、釣り場の状況などを確認する必要があります。また、地元の釣具店のスタッフに相談するのも良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次