初心者必見!関東の最高の海釣りスポットと基本の釣り方

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

海釣りは、自然に触れながらリフレッシュできる素晴らしい趣味です。しかし、初心者にとっては釣り場や必要な道具、釣り方などわからないことが多いかもしれません。この記事では、関東を中心に初心者でも気軽に海釣りを楽しめる場所やヒントをご紹介します。釣りの醍醐味を十分に味わえるよう、様々な角度から解説していきます。

関東のおすすめ海釣り場

関東には、初心者でも安心して釣りを楽しめる海釣りスポットが数多くあります。アクセスの良さや設備の充実度、釣れる魚種の豊富さなど、それぞれの特徴を持っています。

神奈川県

神奈川県には、横浜や横須賀、三浦半島など、渾身の海釣り場が点在しています。特に横須賀市の「うみかぜ公園横の釣り場」は、トイレや売店、釣具店などの利便性が高く、サビキ釣りからルアー釣りまで様々なスタイルを楽しめます。東扇島西公園も人気で、アナゴやカレイの投げ釣り、マゴチの数釣りが有名です。

横浜の「本牧海づり施設」は大型の釣り公園で、サビキ釣りや青物の泳がせ釣りなど、幅広い釣りスタイルに対応しています。アジやウミタナゴなどが狙えるほか、たまにはブリやドチザメの大物にも挑戦できます。

千葉県

千葉県にも初心者におすすめの釣り場がいくつかあります。館山市の「海釣り体験@レンタル釣り竿 まるへい遊び隊」では、釣り道具一式がレンタルでき、無料の釣りレクチャーも受けられるので初心者でも安心です。市原市の「オリジナルメーカー海づり公園」は安全面にも配慮されており、子供連れでも気兼ねなく釣りを楽しめます。

沖釣りを体験したい方には、船釣りの「小峯丸」がおすすめです。ベテラン船長が丁寧に指導してくれるので、キス、アナゴ、アジなどの沖釣りを女性やご家族でも安心して楽しめます。

東京都

東京湾には釣り公園が多数あり、「若洲海浜公園」「暁ふ頭公園」「東海ふ頭公園」「水の広場公園」「葛西臨海公園」などがおすすめです。サビキ釣りやルアー釣りを安全に体験でき、防波堤や人工磯で様々な魚が釣れます。「ベイワークス東京フィッシング」は船釣りができ、スズキやアジなどの道具一式がレンタル可能です。

必要な釣り道具と準備

海釣りを始めるには、最低限の道具が必要です。しかし、上手に選べば初心者でも気軽に始められます。

基本的な道具

釣り竿、リール、釣り糸、釣り針、エサが基本的な道具です。竿にリールを装着し、糸を通して針にエサをつけるのが一般的な構造です。竿は硬調や柔調などの種類があり、釣り方や狙う魚種によって使い分けが必要です。ハリスや小物類も欠かせません。

釣りの種類によっては、仕掛けやルアー、ウキなど、他の道具も必要になります。自分に合ったタックルを揃えましょう。

道具の選び方

初心者におすすめなのは、近くの釣り堀や池で練習を始めることです。使いやすい竿とリールのセットを購入し、エサ釣りなどの簡単な釣りから体験してみましょう。

釣り場狙う魚おすすめ道具
海釣りアジ、イワシ、キスサビキ竿、エギングロッド
川釣りアユ、ニジマス渓流竿、フライロッド
湖釣りブラックバス、フナベイトロッド、ルアーロッド
初心者釣り道具

道具は釣り具店で相談しながら選ぶと良いでしょう。釣り雑誌や動画なども参考になります。最初は安価な道具から始めて、慣れてきたら上級者向けの道具に買い替えるのがおすすめです。

海釣りの基本

海釣りは釣り場の環境や対象魚によって様々なスタイルがあり、それぞれに合った釣り方を学ぶ必要があります。一般的な釣り方から、初心者におすすめのスタイルをご紹介します。

エサ釣り

最も基本的な釣り方がエサ釣りです。仕掛けにエサをつけて投げ入れ、魚が食いついたらそのまま引き上げるだけです。沖釣りでキス釣りをしたり、投げ釣りでアナゴを狙ったりと、さまざまなパターンがあります。

人気のエサは以下の通りです。

  • オキアミ – アジ、イワシなどの回遊魚に効果的
  • イカ – キス、マダイなどの根魚に効果的
  • エビ – サバやブリなどの青物に効果的

エサ釣りは手軽に魚が釣れるので、初心者にもおすすめです。釣り具店でよく売れているエサを選んでみましょう。

サビキ釣り

サビキ釣りは、サビキという枝状の仕掛けを使って、回遊魚の群れを狙う釣りです。仕掛けに小エビやオキアミのエサをつけ、海面近くで釣ります。アジやイワシをはじめ、コノシロやメジナなど、小型の回遊魚が主なターゲットです。釣果も豊富なので、大量げっとが期待できます。

サビキ仕掛けは長さや枝の本数、針の形状などさまざまな種類があり、用途に合わせて選ぶ必要があります。釣り具店のスタッフに相談するのがおすすめです。釣り方は難しくないので、初心者の方にも最適な釣りスタイルです。

ルアー釣り

ルアー釣りは、魚に見立てた擬似餌(ルアー)を使って魚を狙う釣りです。ミノーやメタルジグ、ワームなど、様々な種類のルアーがあります。フッキングの面白さやバラエティ豊かさから、熟練者の間で人気があります。

初心者の方におすすめなのは、青物狙いのメタルジグやエギングです。磯や堤防から手軽に大物を狙えるため、ドリルのある釣りを体験できます。一方で竿さばきが難しく、ルアーチョイスでも失敗しやすいので、慣れが必要です。まずはベテランに釣り方を教わり、経験を積むことが大切です。

その他のヒントと心構え

海釣りを始める上で、道具や釣り方以外にも気をつけたいポイントがあります。釣り場のマナーや安全対策について解説します。

釣り場でのマナー

釣り場では、ルールやマナーを守ることが大切です。主なポイントは以下の通りです。

  • 人込みで釣り糸を振り回さない
  • 近くで釣りしている人に気をつける
  • ゴミはきちんと持ち帰る
  • 釣り上げた魚は適切に始末する

子供連れの方は特に、子供の行動にも注意を払いましょう。周りの人の迷惑にならないよう心がけましょう。

釣りの安全対策

海釣りは魚を狙う一方で、自分の安全にも気をつける必要があります。服装にも配慮が必要です。

  • 滑りにくい靴を履く
  • 日除けの帽子とサングラスを着用する
  • 動きやすい服装を心がける
  • 飲み物を持参する

防波堤から釣りをする場合は、特に転落に注意が必要です。状況に応じてライフジャケットの着用も検討しましょう。釣り場の環境をよく確認し、無理のない範囲で楽しむことが大切です。

まとめ

今回は、初心者でも気軽に始められる関東の海釣りスポットや、海釣りを始めるために必要なこと、基本的な釣り方などをご紹介しました。道具や釣り方だけでなく、マナーや安全対策なども重要なポイントです。

釣りは自然と触れ合える素晴らしい趣味です。最初は小さな魚から釣り上げ、徐々に経験を積んでいけば、夢の大物にも出会えるかもしれません。この記事を参考に、釣りの醍醐味をご堪能いただければ幸いです。

よくある質問

初心者でも気軽に始められる関東の海釣りスポットは?

関東には、横浜や横須賀、三浦半島など、初心者でも安心して釣りを楽しめる場所が数多くあります。特におすすめなのは、神奈川県の「うみかぜ公園」や「東扇島西公園」、千葉県の「海釣り体験@レンタル釣り竿 まるへい遊び隊」や「オリジナルメーカー海づり公園」、東京湾沿いの「若洲海浜公園」などです。各スポットでは、釣り道具のレンタルや初心者向けのサービスも提供されています。

海釣りを始めるために必要な道具は?

海釣りの基本的な道具は、釣り竿、リール、釣り糸、釣り針、エサです。竿やリールの選び方によって、対象とする魚種や釣りのスタイルを変えられます。初心者におすすめなのは、近くの釣り堀や池で練習を重ね、自分に合った道具を見つけていくことです。釣り具店のスタッフにも相談しながら、徐々に良い道具に買い替えていくと良いでしょう。

初心者におすすめの海釣りの基本的な釣り方は?

海釣りには様々なスタイルがありますが、初心者におすすめなのはエサ釣りとサビキ釣りです。エサ釣りは最も基本的な釣り方で、仕掛けにエサをつけて投げ入れるだけ。キスやアナゴなどを狙えます。サビキ釣りは、サビキという枝状の仕掛けを使って回遊魚の群れを狙う釣りです。アジやイワシをはじめ、コノシロやメジナなどの小型魚が主なターゲットです。釣り具店のスタッフに相談しながら、自分に合ったスタイルを見つけていきましょう。

海釣りを楽しむ上で気をつけるべきマナーや安全対策は?

釣り場では、人込みで糸を振り回さない、近くで釣りしている人に気をつける、ゴミはきちんと持ち帰るなど、マナーを守ることが大切です。また、安全面では、滑りにくい靴の着用、日除けの帽子やサングラスの着用、飲み物の準備など、状況に応じて適切な対策が必要です。特に防波堤で釣りをする際は、転落に十分注意しましょう。これらのマナーと安全対策を心がけて、楽しく海釣りを楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次