【海釣り好き必見】人気の仕掛け全種類を完全網羅!釣果アップの秘訣を大公開

  • URLをコピーしました!
目次

はじめに

海釣りは、日本の文化の中で古くから親しまれてきた趣味です。海に面した国土の恵みを活かした釣りは、リフレッシュにもぴったりな娯楽となっています。しかし、海釣りの醍醐味を存分に味わうためには、使用する仕掛けの選択が肝心です。本記事では、海釣りの様々な仕掛けについて、その特徴や使い分けのポイントをご紹介します。初心者の方も、経験者の方も、ぜひ参考にしてください。

サビキ仕掛け

サビキ仕掛けは、複数の針を一定の間隔で並べた仕掛けです。アジやサバなどの小魚を狙うのに適しています。

サビキ仕掛けの種類

サビキ仕掛けには、いくつかの種類があります。代表的なものとして、以下が挙げられます。

  • 標準サビキ仕掛け: 最もシンプルな形のサビキ仕掛けで、初心者にオススメです。
  • コマセカゴ付きサビキ仕掛け: コマセカゴ(エサ入れ)が付いており、エサの付け替えが簡単です。
  • ジグサビキ仕掛け: ジグヘッドが装着されており、擬似餌の動きで魚を誘います。

サビキ仕掛けの選び方

サビキ仕掛けを選ぶ際のポイントは、ターゲットとする魚種と釣り場の状況です。例えば、岸壁から釣る場合は長さ1m前後の短いサビキが使いやすく、船釣りの場合は2m以上の長いサビキが有効です。針の大きさや本数は、狙う魚の大きさに合わせて選びましょう。

釣り場の状況に応じても使い分ける必要があります。遠投が必要な場合は重めのオモリを使い、潮が早い時は太めの穂先を選ぶなど、適切な仕掛けを選ぶことが大切です。

投げ釣り仕掛け

投げ釣り仕掛けは、主に砂浜やテトラから魚を狙う際に使われる仕掛けです。底物の魚を対象としています。

投げ釣り仕掛けの種類

投げ釣り仕掛けには、以下のような種類があります。

  • 天秤仕掛け: シンプルな構造で、カレイやシロギス釣りに適しています。
  • 胴突き仕掛け: アタリが分かりやすく、根掛かりにも強い仕掛けです。
  • ぶっこみ仕掛け: 大型の底物を狙う際に使われる、強化された仕掛けです。

投げ釣り仕掛けの選び方

投げ釣り仕掛けを選ぶ際は、まずターゲットの魚種を決めましょう。カレイやシロギスなら天秤仕掛け、マゴチやアイナメなら胴突き仕掛けが適しています。また、投げる距離によってもオモリの重さを変える必要があります。

釣り場の状況も重要です。潮が速い場合は重めのオモリを使い、岩場では強度の高い素材のハリスを選びましょう。このように、状況に合わせて仕掛けを使い分けることが大切です。

ウキ釣り仕掛け

ウキ釣り仕掛けは、ウキの動きから魚のアタリを判断する釣り方に使われます。グレやメバル、チヌなどの魚が狙えます。

ウキ釣り仕掛けの種類

ウキ釣り仕掛けには、以下のような種類があります。

仕掛けの種類特徴狙える魚種
連玉仕掛け複数のハリスが付いているメバル、サヨリ
ウキフカセ仕掛け大きなウキを使う黒鯛、グレ
カゴ釣り仕掛けカゴ状のウキを使う青物

ウキ釣り仕掛けの選び方

ウキ釣り仕掛けを選ぶ際は、まず狙う魚種とウキの大きさを決めましょう。小型のウキなら連玉仕掛け、大型のウキならウキフカセやカゴ釣りが適しています。また、潮の流れに合わせてウキの形状やオモリの重さを変える必要があります。

釣り場の環境も大切です。岩場ではショートリーダーを付けたり、干潟ではロングリーダーを使うなど、場所に合わせた対応が必要不可欠です。ウキ釣りは環境の変化に柔軟に対応する必要があるため、経験を積むことが重要です。

ルアー釣り仕掛け

ルアー釣りは、魚を惹きつける人工の擬似餌を使う釣り方です。シーバス、アジ、メバルなどの魚が狙えます。

ルアーの種類

ルアーには、さまざまな種類があります。代表的なものを挙げると以下のようになります。

  • ハードルアー: プラスチックやウッドで作られた堅いルアーです。
  • ソフトルアー: ゴムやプラスチックで作られた柔らかいルアーです。
  • メタルジグ: 重心が下がっており、沈みながらゆっくりと動く特徴があります。
  • テールスピンジグ: 回転ブレードが光を反射し、魚を誘います。

ルアー釣りのコツ

ルアー釣りでは、ルアーの動かし方が重要です。ルアーの動きで魚を惹きつけるため、リトリーブ(巻き取り)のテンポやアクションが大切になります。また、遠投して広範囲を探索することも効果的な手段です。

ルアーは魚種やシチュエーションに合わせて使い分ける必要があります。例えば、浅場ではトップウォーターやミノー系、深場ではジグやバイブレーションなどを使うのがよいでしょう。このように、ターゲットや環境に合わせてルアーを変えることが大切です。

まとめ

海釣りには多種多様な仕掛けがあり、それぞれに特徴があります。サビキ仕掛けは数釣りに適し、投げ釣り仕掛けは底物を狙えます。ウキ釣り仕掛けは魚の動きを観察しながら釣ることができ、ルアー釣りでは擬似餌の動きで魚を誘います。釣り人は、ターゲットとする魚種や釣り場の環境に合わせて、適切な仕掛けを選ぶ必要があります。それぞれの仕掛けの特徴を理解し、使い分けることで、より楽しい海釣りが可能になるでしょう。

よくある質問

サビキ仕掛けの特徴は何ですか?

サビキ仕掛けは、複数の針を一定の間隔で並べた仕掛けで、アジやサバなどの小魚を狙うのに適しています。標準サビキ、コマセカゴ付きサビキ、ジグサビキなどの種類があり、釣りの目的やターゲットに合わせて選択することが重要です。

投げ釣り仕掛けの種類と特徴は何ですか?

投げ釣り仕掛けには、シンプルな天秤仕掛け、アタリが分かりやすい胴突き仕掛け、大型の底物を狙うぶっこみ仕掛けなどがあります。ターゲットの魚種とともに、投げる距離や釣り場の状況に合わせて使い分ける必要があります。

ウキ釣り仕掛けにはどのような種類がありますか?

ウキ釣り仕掛けには、複数のハリスが付いた連玉仕掛け、大きなウキを使うウキフカセ仕掛け、カゴ状のウキを使うカゴ釣り仕掛けなどがあります。狙う魚種とウキの大きさを決めた上で、潮の流れや釣り場の環境に合わせて使い分ける必要があります。

ルアー釣りの重要なポイントは何ですか?

ルアー釣りでは、ルアーの動かし方が重要です。リトリーブのテンポやアクションを工夫して、魚を惹きつけることが大切です。また、ターゲットや水深に合わせて、適切なルアーを使い分けることも重要なポイントです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次