手軽においしいパン作り! 予算別のおすすめパンこね機と安い機種の選び方

  • URLをコピーしました!

パン作りの醍醐味は、自宅で焼きたてのおいしいパンを食べられることです。しかし、生地をこねるのは大変な作業です。そこでパンこね機が活躍します。今回のブログでは、パンこね機の選び方やおすすめの安価な機種、予算別のランキングをご紹介します。自宅で手軽においしいパン作りを楽しみましょう。

目次

1. パンこね機の選び方

パンこね機を選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。以下にパンこね機の選び方をまとめました。

1. 一度に仕込みたい量で選ぶ

パンこね機を購入する際は、一度に仕込みたいパン生地の容量を考慮しましょう。一般的な家庭用のパンこね機では、600gから1kg程度の容量があります。家族分のパンを作る場合は600gが十分であり、より多くの生地を作りたい場合は1kgが適しています。ただし、容量が大きい機種で少量を仕込む場合は注意が必要です。

2. スピード切り替え機能で選ぶ

パンこね機のスピード調整機能も重要です。パンの種類や生地の状態に合わせてスピードを切り替えることで、質の高い生地を作ることができます。特にこね始めはゆっくり回し、材料が混ざり始めたらスピードを上げることが一般的です。ただし、経験が少ない場合は無調整タイプのほうが使いやすい場合もあります。

3. 1台で数役もこなせるアタッチメントで選ぶ

パンこね機には付属のアタッチメントや羽根があります。1つのアタッチメントで餅やうどん、パスタなど他の料理にも活用できるタイプもあります。付属のアタッチメントもチェックして、使いたい目的に合ったものを選びましょう。

4. 便利なタイマー機能で選ぶ

パンこね機にはタイマー機能が付いているものもあります。タイマー機能を使用することで、パン生地のこねや発酵の時間を設定できます。こねすぎや発酵しすぎを防ぐためにも、タイマー機能は便利です。デジタル画面で残り時間や温度を表示してくれるタイプもおすすめです。

5. ポットの素材で選ぶ

パンこね機のポットやボウルの素材も重要です。ステンレスやプラスティックなど複数の種類があります。ステンレスは衝撃に強く丈夫で耐久性に優れ、洗いやすい特徴があります。一方、プラスティックは軽くて使いやすく、中の様子がチェックしやすい半透明タイプもあります。使用目的や頻度に応じてポットの素材を選びましょう。

6. 生地の温度上昇を抑える方式で選ぶ

パンこね機のポットの位置には、外窯方式と内窯方式の2つがあります。外窯方式はモーターの熱の影響を受けにくく、生地の温度上昇を抑えることができます。一方、内窯方式はフタを閉めるだけで収納でき、収納中にホコリが入る心配がありません。パンを作る季節や使用目的に合わせて方式を選びましょう。

7. 設置場所のサイズや重さで選ぶ

最後に、パンこね機のサイズと重さも考慮しましょう。使用する際の設置場所や収納スペース、移動の必要性を考えて適切なサイズのパンこね機を選びましょう。設置場所はしっかりした台の上がおすすめです。また、移動時には振動によるトラブルを防ぐために十分な重さのものを選びましょう。

以上のポイントを考慮して、自宅にぴったりのパンこね機を選びましょう。パン作りをより便利かつ楽しいものにするために、適切なパンこね機の選択は重要です。

2. おすすめのパンこね機

以下に、おすすめのコンパクトサイズのパンこね機のモデルを紹介します。

1. 日本ニーダー(Nihon Kneader) パンニーダー PK660D

  • 軽量で取り扱いがしやすいパンニーダータイプのパンこね機
  • 約5.5kgの軽さと小型設計なので、持ち運びや収納がしやすい
  • プラスチック製のポットで生地の様子を確認できる
  • 外釜方式でモーターの熱がこもりにくい
  • 粉量は250~600gに対応し、操作も簡単なダイヤル式

2. 大正電機(taisho) パンこね機 レディスニーダー KN-30

  • 内釜方式を採用したコンパクトなパンこね機
  • まぜる・こねる・たたく作業から発酵・ガス抜きまで一括で行える
  • 発酵タイマーが付いており、面倒な操作を省いてくれる
  • ポットにはフッ素加工が施されており、お手入れが簡単
  • 最大600gまでの小麦粉に対応している

以上のコンパクトサイズのパンこね機は、キッチンスペースが限られている方や持ち運びが必要な方におすすめです。

3. パンこね機の便利な使い方

パンこね機を購入した後は、効果的な使い方をマスターしてパン作りを楽しみましょう。以下では、パンこね機を利用する際の便利な活用法をいくつか紹介します。

生地の量を調整する

  • 作りたいパン生地の量に合わせて、適切なパンこね機の容量を選びましょう。
  • 一般的な目安は600gで、家族分のパンに適しています。
  • より多くのパン生地を作りたい場合は、1kgの容量を選ぶこともあります。
  • ただし、容量が大きい機種で少量の生地をこねる場合は注意が必要です。

スピードの調整を行う

  • パンこね機にはスピード切り替え機能があります。
  • パンの種類や生地の状態に合わせてスピードを調整しましょう。
  • 初めはゆっくりと回し、材料が混ざりまとまってきたらスピードを上げると良いです。

アタッチメントを活用する

  • パンこね機にはさまざまなアタッチメントが付属しています。
  • ホイッパーやビーターを使えば、液体の泡立てやバターのねりにも活用できます。

タイマー機能を利用する

  • 一次発酵の時間やこねる時間を設定するために、タイマー機能を活用しましょう。
  • ダイヤル式やデジタル式のタイマーがあります。
  • 最大時間は多くが30分または60分です。

ポット(ボウル)の素材を選ぶ

  • パンこね機のポットやボウルの素材も重要です。
  • ステンレスやプラスティックの素材が一般的です。

ポットの位置を考慮する

  • パンこね機のポットの位置も重要なポイントです。
  • 外窯方式と内窯方式に分かれます。

設置場所のサイズと重さを考慮する

  • パンこね機の設置場所や移動の必要性も考慮しましょう。

これらのポイントを考慮しながら、自宅に最適なパンこね機を選ぶことができます。パンこね機を上手に活用して、おいしい手作りパン作りを楽しみましょう。

まとめ

パンこね機を選ぶ際は、使用目的や予算、機能、サイズなど様々な点を考慮する必要があります。本記事では、パンこね機の選び方やおすすめモデル、適切な使い方などをご紹介しました。自分に合ったパンこね機を選んで、手作りパンの楽しみを最大限に味わってください。パンこね機を上手に活用すれば、家庭でも美味しい自家製パンが手作りできるでしょう。この機会に、パン作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

1つで何kg分のパン生地が作れますか?

パンこね機の一回の容量は、一般的に600g〜1kgほどが一般的です。家庭用のパンこね機では、600gが家族分のパン作りに適しており、より多くの生地を作りたい場合は1kgの容量のものを選ぶとよいでしょう。ただし、大容量のパンこね機で少量の生地を作る場合は注意が必要です。

スピード調整機能はどんな用途で役立ちますか?

パンこね機のスピード調整機能は、パンの種類や生地の状態に合わせて使い分けることができます。こね始めはゆっくりスピードで行い、材料が混ざり始めたらスピードを上げるのが一般的です。これにより、質の高い生地を作ることができます。経験が少ない場合は、無調整タイプのほうが使いやすいこともあります。

アタッチメントはどのように活用できますか?

パンこね機には様々なアタッチメントが付属しており、パン作りだけでなく、餅やうどん、パスタなどの調理にも活用できる機種もあります。使い道に合わせてアタッチメントを選ぶと、パンこね機の活用範囲が広がります。

素材によってどのような違いがありますか?

パンこね機のポットやボウルの素材には、ステンレスとプラスティックがあります。ステンレスは衝撃に強く丈夫で耐久性に優れ、洗いやすいのが特徴です。一方、プラスティックは軽くて使いやすく、中の様子がチェックしやすい半透明タイプもあります。用途や使用頻度に合わせて、適切な素材を選びましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次