庭を彩る耐寒&踏みつけに強いグランドカバー植物ガイド

  • URLをコピーしました!

グランドカバー植物は、庭を美しく彩り、手入れが簡単でありながら、さまざまな条件下でも楽しむことができる魅力的な植物です。この記事では、寒冷地向けのグランドカバー、踏みつけに強いグランドカバー、日陰向けのグランドカバー、手入れが簡単なグランドカバー、そして花が咲くグランドカバーなど、さまざまな条件に合わせた植物選びのポイントをご紹介しています。庭づくりに役立つ情報が満載ですので、ぜひご一読ください。

目次

寒冷地でも育てられるグランドカバー植物

寒冷地でも美しいグランドカバーを育てることは可能です。そのためには耐寒性のある植物を選ぶことが重要です。以下は、寒冷地で育てることができるグランドカバー植物の例です。

セダム

セダムは寒冷地にも耐えることができる優れた植物です。耐寒性、耐暑性、耐陰性に優れており、日陰の環境でも育ちやすく、庭全体を美しく彩ることができます。

ディコンドラ・エメラルドフォールズ

ディコンドラ・エメラルドフォールズも寒冷地において耐寒性を持つグランドカバー植物です。耐陰性があり、日陰で湿度が高い場所に適しています。また、緑の葉をつけるため冬でも庭を彩ることができます。

ハツユキカズラ

ハツユキカズラは日陰の環境でも育つことができます。半日陰の場所でも育ちますが、適度な日光を当てることで、葉の斑模様が美しく現れます。

これらの植物は寒冷地でも育てやすく、グランドカバーとして庭を彩ることができます。寒い地域でも美しい庭を作りたい方は、ぜひこれらの植物の栽培に挑戦してみてください。

踏みつけに強いグランドカバー

人が通る場所でも美しい状態を保つことができる踏みつけに強いグランドカバーの植物をご紹介します。特に、子供やペットのいる家庭では、植物が踏まれることが多くなりますが、これらの植物を導入することで美しい景観を保つことができます。

以下に、踏みつけに強いグランドカバーとしておすすめの植物をいくつか紹介します。

クラピア

クラピアは成長が早く、冬以外の季節に白い小花を咲かせます。地面に広がりながら繁殖するため、広々とした庭にぴったりです。丸みを帯びた葉っぱは踏まれてもダメージを受けにくく、やわらかい質感で素足で歩くこともできます。

リリィターフ

耐寒性や長い花期を持つリリィターフも踏みつけに強いグランドカバーの一つです。葉や花が広がり、美しい姿を作り出します。四季を通じて庭を彩ります。

ニシキギリ

ニシキギリは丈夫な葉を持ち、踏まれても簡単に損傷を受けません。庭の地面を美しい状態に保つことができます。また、日陰にも強い性質を持っており、日の当たらない場所でも元気に育つことができます。

これらのグランドカバーは人が通る頻度の高い場所でも美しい姿を保ちます。踏まれても潰れない特性があり、子供やペットが庭で遊び回っても安心です。ぜひ自分の庭に取り入れて、美しい景観を楽しんでください。

日陰向けのグランドカバー植物

日陰でも美しいグランドカバーを形成するには、日光が当たらない場所に適した植物を選ぶことが重要です。以下では、日陰でも育つおすすめのグランドカバー植物を紹介します。

ディコンドラ・エメラルドフォールズ

  • 丸い葉がたくさん生える魅力的な植物です。
  • 日陰で高い湿度の場所に向いています。
  • 銀色の葉の「ディコンドラ・シルバーフォールズ」は、乾燥した日当たりのよい場所を好みます。
  • 踏まれることには弱いため、交通の多い場所には植えない方が良いでしょう。

セダム

  • 手入れの手間がかからず、肉厚な小さな葉が特徴の多肉植物です。
  • 日陰でも育ち、乾燥にも強く、放っておいても生育します。
  • 成長がゆっくりなので、限られた範囲のグランドカバーに向いています。

ハツユキカズラ

  • 美しい葉の斑模様が特徴です。
  • ピンクから白い斑入りの新葉が出て、次第に緑色に変化する様子を楽しむことができます。
  • 半日陰の環境でも育ちますが、日の当たる場所に置くと葉の斑模様が鮮やかになります。
  • 直射日光を避け、葉焼けに注意が必要です。

リシマキア・ヌンムラリア・オーレア

  • 水分の多い環境を好み、日陰の湿気のある場所でも育ちます。
  • 明るい緑色の葉と小さな黄色い花を咲かせます。
  • 日差しが強いほど、葉に黄色味が出て鮮やかになります。
  • 冬には葉が赤茶色に変化し、春になると再び成長を始めます。

これらの植物を選ぶことで、日陰の場所でも美しいグランドカバーを作ることができます。日陰向けのグランドカバー植物は、庭に広がる緑の美しさと季節感を感じさせてくれるでしょう。

手入れが簡単なグランドカバー植物の選び方

忙しい方や初心者でも手入れが簡単なグランドカバー植物を利用することで、美しい庭を手に入れることができます。以下では、手入れが簡単なグランドカバー植物の選び方をご紹介します。

乾燥に強く、水やりの頻度が少ないサボテン

  • サボテンは乾燥に強く、水やりの頻度が少なくても健康的に育ちます。
  • 日当たりのよい場所で育てると美しい姿を楽しむことができます。

香りや味わいだけでなく、グランドカバーとしても活躍するハーブ

  • ハーブは香りや味わいだけでなく、グランドカバーとしても活躍します。
  • 特にローズマリーやタイムなどは丈夫で初心者にもおすすめです。

日陰に最適で手入れが簡単なシダ類

  • シダ類は日陰に最適で、手入れも簡単です。
  • 雰囲気を幽玄なものに演出することができます。

水やりの頻度が少なく乾燥にも強い多肉植物

  • 多肉植物は水やりの頻度が少なく、乾燥にも強い特徴があります。
  • 個性的な庭を作ることができます。

手入れも簡単で豪華な花を楽しめるクレマチス

  • クレマチスは花の美しさが魅力的で、手入れも簡単です。
  • 適度な日当たりと水やりで豪華な花を楽しむことができます。

即戦力で手入れが比較的簡単なベンジャミン

  • ベンジャミンは室内でも育てることができますが、庭のグランドカバーとしても人気があります。
  • 大きく成長することもありますが、手入れは比較的簡単です。

上記の手入れが簡単なグランドカバー植物は、忙しい方や初心者にもおすすめです。自分の庭に合ったグランドカバーを選んで、美しい庭を作りましょう。

きれいな花を咲かせるグランドカバー

庭に美しい花のじゅうたんを作りたいなら、花が咲くグランドカバーを育てることをおすすめします。以下に、特に花を楽しむことができるグランドカバー植物をご紹介します。

クリーピングタイム (タイム)

  • 別名: タイムは種類が豊富にあるので注意
  • タイプ: もこもこタイプ(這い性)
  • 高さ: 10〜15cm
  • 繁殖力: 強い
  • 耐暑性: 強い ※蒸れに弱い
  • 耐寒性: 強い 耐寒温度:-10度

アジュガ (セイヨウキランソウ)

  • 別名: セイヨウキランソウ
  • タイプ: 這い性タイプ(矮性種)
  • 高さ: 10〜30cm 葉は低く15cm程度の花が立ち上がる
  • 繁殖力: 強い
  • 耐暑性: やや弱い ※夏の直射日光に弱く、半日陰に向いている
  • 耐寒性: 半耐寒性 耐寒温度:0度
  • 日陰なら明るい斑入り葉がおすすめ!

アリッサム (スイートアリッサム、スーパーアリッサム)

  • 別名: スイートアリッサム、スーパーアリッサム(改良品種)
  • タイプ: 這い性タイプ(矮性種) 枝を伸ばしながら横へ広がる
  • 高さ: 10〜20cm
  • 繁殖力: 強い 地域にもよるがこぼれ種でも増える
  • 耐暑性: 高温多湿に弱い
  • 耐寒性: 半耐寒性 耐寒温度:0度〜-5度

芝桜(シバザクラ)

  • 別名: ハナツメクサ、モスフロックス
  • タイプ: 這い性タイプ
  • 高さ: 5〜10cm
  • 繁殖力: 強い
  • 耐暑性: 強い
  • 耐寒性: 強い

イベリス (キャンディダフト、トキワナズナ)

  • 別名: キャンディダフト、トキワナズナ
  • タイプ: もこもこタイプ 茎がほふくして途中で立ち上がる
  • 高さ: 20〜30cm ※放置すると60cmまで成長することも
  • 繁殖力: 強い ※1年草と多年草(宿根草)がある
  • 耐暑性: 高温多湿にやや弱い
  • 耐寒性: 強い 耐寒温度:-10度

ヒメツルソバ (ポリゴナム)

  • 名前: ヒメツルソバ
  • 別名: ポリゴナム
  • タイプ: 這い性タイプ 分岐した枝が根付きながら増える
  • 高さ: 5〜10cm
  • 繁殖力: 強い 種を飛ばしやすい
  • 耐暑性: 高温多湿にやや弱い
  • 耐寒性: 半耐寒性 耐寒温度:-5度

ポーチュラカ (ハナスベリヒユ)

  • 別名: ハナスベリヒユ 似た花に「マツバボタン」がある
  • タイプ: 這い性タイプ 分岐した枝が根付きながら増える
  • 高さ: 5〜10cm
  • 繁殖力: 強い 一年草のため寿命は短いがこぼれ種で増える
  • 耐暑性: 強い
  • 耐寒性: 非耐寒性

これらのグランドカバーを使えば、庭に美しい花のじゅうたんを作ることができます。お庭の雰囲気や好みに合わせて、お気に入りの花を選んで育ててみましょう。

まとめ

これらのグランドカバー植物は、寒冷地での生育、踏みつけへの耐性、日陰での育成、手入れの簡便さ、そして美しい花の咲かせ方など、様々な特徴を持っています。グランドカバーは庭を彩り、手入れの手間を減らすことができるので、初心者でも気軽に始められる庭作りの要素の1つです。自分の庭の条件や好みに合わせて、ぜひこれらの植物から最適なものを選んでみてください。美しい庭をつくり上げるためのヒントが見つかったはずです。

よくある質問

寒冷地でも育てられるグランドカバー植物はありますか?

寒冷地でも美しいグランドカバーを育てることが可能です。セダム、ディコンドラ・エメラルドフォールズ、ハツユキカズラなどの耐寒性に優れた植物を選ぶことが重要です。これらの植物は寒い地域でも育ちやすく、庭を彩ることができます。

踏みつけに強いグランドカバー植物はどのようなものがありますか?

クラピア、リリィターフ、ニシキギリなどの植物が踏みつけに強いグランドカバーとして適しています。これらの植物は丈夫な葉を持っており、子供やペットが遊び回っても簡単に損傷を受けません。美しい庭を保つことができます。

日陰でも育つグランドカバー植物はありますか?

ディコンドラ・エメラルドフォールズ、セダム、ハツユキカズラ、リシマキア・ヌンムラリア・オーレアなどが日陰でも育つおすすめのグランドカバー植物です。これらの植物は日光が当たらない場所でも健康的に育ち、庭に緑の美しさを与えてくれます。

手入れが簡単なグランドカバー植物にはどのようなものがありますか?

サボテン、ハーブ、シダ類、多肉植物、クレマチス、ベンジャミンなどが手入れが簡単なグランドカバー植物です。これらの植物は乾燥や日照条件に強く、水やりの頻度が少なくても健康的に育ちます。忙しい方や初心者にもおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、「あま」と申します。

北海道在住の医療職。EZR(無料統計ソフト)に出会い統計に興味を持ち、現在も学習中です。
コロナをきっかけに雪のない時期の移動手段を交通機関から自転車に変更。気が付けば自転車にはまり簡単なパーツ交換は自分で行っています。
統計、自転車を中心に皆さんのお役に立てる情報を発信したいと思い、ブログを始めました。

目次